2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使い捨て電車に揺られ続けた人生

 私は生まれたときから横浜市中区民なのだから、乗る電車といえば京浜東北線だった。
 銀色の車両に水色のラインは、憧憬に意識せずとも割り込んでくる。

20080114.jpg
 小学生。
 この電車に乗り、学校指定の黒いランドセルをからかわれた。プールバックを網棚に忘れた(どうやって置いたんだろう?)。黄色い傘から流れる雨のしずくが嫌いだった。
 制服を着ているだけで、「アタマがいいのね」って言われた。アタマなんてよくなかった、だっていつもママは他の子の成績をうらやましがっていたから。大人なんて格好しか見ない、と思った。だから、外面ばかりいい、いい子になった。ほめられた、ばかみたい。
 そんな中、奇跡のように出会った。教育実習に来てた大学生だった。爽やかで元気でわざとらしい奴。ばかみたい。そいつが、いい子ぶってる私の頭をポンとたたいた。「強がらなくっていいのに。」と言って、笑った。その一瞬で、大好きになった。
 初めてママに内緒で電車に乗った。初めてのデート(デートだと思ってたのはこっちだけかも)。ウォークマンから流れていたのはオフコースの「It's all right」だった。何でもよかったんだけど、映画を見た。もうつぶれたけど、馬車道の東宝会館。市川崑の竹取物語だった。映画が終わって、横浜松坂屋に行った。一緒のカップから、アイスクリームを食べた。
 大好きだった。もう、名前も忘れちゃったけど。私の前でだけ、元気じゃないのが好きだった。(と、錯覚してたのかもね。)

 中学生。
 この電車に乗り、毎日毎日、飽きもせずに彼のことを考えた。学校生活がこの世の全てだった。彼がこの世の全てだった(その時々で、彼はかわるわけだけどw)。
 教科書の端に書かれたラブレターで付き合い始めた彼氏は、友達の友達が「私のほうが彼を好きだから譲るべき」と訳分からない喧嘩を売ってきて、なんか別れた。なんでだったんだろ、私だって好きだったのにな。
 好きで好きでたまらない男の子がいた。その子は、私の友達のことが大好きだった(友達はその子の友達の彼女だった)。相談に乗る、と言う最悪の形で仲良くなってしまった。つらさなんて、そばに居られる幸せで帳消しだと思っていた。確かに幸せだった、心はナイフでズタズタだったけどね。マゾかw


 って。。。もういいやw


 で、この、ずっと走っていた京浜東北の車両(209系とかいうみたい)が引退らしい。
 このニュースの関連で知ったのですが、もともと10年で使い捨てる車両?だったようで、使い捨てカメラの商品名(写るんデス)をもじって「走ルンです」とかいわれてたらしいね。
 それがもう、15年くらい走ったそうで。

 使い捨て電車の15年。私の青春を運んだ15年。

 電車は、静かに消え行く。引き際を心得て。
 一方、私といえば、引き際も計れずに未だにグダグダの人生を続けている。
 あぁ、使い捨て人生進行中w

 あれ、でもこの昔の青い京浜東北線って、京葉線で走ってるよね?
 う~ん、私も舞浜に隠居したいわw



JR東日本:京浜東北線「209系」引退へ…民営化の象徴

 海と空をイメージしたブルーのラインで親しまれているJR京浜東北・根岸線を走る通勤電車「209系」が今月から順次姿を消す。JR東日本がグループ各社に先駆け製造した「低コスト、高性能」をコンセプトにした民営化の象徴的存在だが、09年度末までに全車両が「E233系」と呼ばれる新しい電車に変わる。

 209系は、国鉄時代の「103系」と比べ、製造費用は2割ほど安い約9000万円、重さは3分の2の25トンで、運転にかかるコストは半分ほどと省エネ型だ。耐用年数は30年から半分になったが、その分車体の安全性は向上した。

 車窓カーテンを廃止し、熱線吸収ガラスを採用。座席クッションの改善や冷房装置の増設、先頭車両には車椅子用スペースを設けるなど次世代通勤電車で、93年春に京浜東北・根岸線大宮-大船間(81.2キロ)で営業運転を始めた。

 一方、JR東日本は、209系を基に故障時にも対応できるように主要機器類を二重にするなどした新しい車両「E233系」の開発を始めた。1両当たりの製造費は1億500万円に上がったが、06年12月末から、中央快速線に先行導入したところ、故障に強いだけでなく乗り心地や車内での情報案内機能の向上で評判は上々だ。

 このため、京浜東北・根岸線を走る209系の全830両はすべてE233系に変わることになった。

 209系の開発に携わったJR東日本の橋爪進・安全対策部次長は「苦労しながら作り上げただけに寂しいが、所期の目的を十二分に果たした。ご苦労さんとねぎらってあげたい」と話している。【斎藤正利】

毎日新聞 2008年1月14日 2時30分(最終更新 1月14日 2時30分)

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

写真、綺麗だね!!!

引き際・・・・・

私もわかりませーん・・・・

今なのかな・・・

re:ぁきさん

 写真はフリーソフトのPhotoScapeっていうのの加工です。このソフトは直感的な作業が出来るのでとても楽しいよ~。

 引き際が見事なのはすばらしいし人の記憶にも見事に残るけど(山口百恵とか?)、でも私は中田ヒデより野茂がKAZUが好きですな。
 でも、自分の人生をしっかりと自然と共に歩けば、自ずと答えは見えてくるのかも。早く引けばいいってもんでもないんだけどね。それが引き際なのか、乗り越えられるスランプなのかを見極めるのって、難しいですな。
 そういえば、その野茂も引退ですね。野茂の引退もまた、すばらしい引き際だと思ったよ。野茂のように、スジの通った生き方をしたいもんです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alohayokohama.blog96.fc2.com/tb.php/591-ea5f4c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残暑お見舞い申し上げます。 «  | BLOG TOP |  » 思いのたけが、から回り。 @よしもとばなな「まぼろしハワイ」

ALOHA☆ごあいさつ

ALOHA☆NATSU

Author:ALOHA☆NATSU

ALOHAの心を追い求めて日々瞑想中。。。てか、迷走中。
A akahai(優しさ)
L lokah(調和)
O 'olu'olu(寛大)
H ha'aha'a(謙虚)
A ahonui(忍耐)

 詳しいプロフはALOHA☆NATSUのプロフィールへ。

アロハ萌え☆カテゴリー

RSSフィード

アロハ☆カウンター

ブログ内☆サーチ

ALOHA☆コメント

データ取得中...

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Google自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。