2009-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつは まねかれた @TDS「ディズニー・ハロウィーン」

なつは まねかれた !
20091020124016

 やっと夜な仮面舞踏会ご招待キタ(゜∀゜)(゜∀゜)――!!

IMGA0106.jpg

 あぁぁあぁ☆姫様
ミキを袖にする(物理的な意味でw)
maida.jpg
御姿最高すぐる(*´∀`)


もちろん姫様が全ての女王でございます!
IMGA0073.jpg

誰も異論はございませぬ(*´∀`)
IMGA0080.jpg

あとは、こんなかんじ(・∀・)
shuugou.jpg

ハッピー☆ハロウィン



追記:コレは東京ディズニーシーで開催中のスペシャルイベント、ディズニーハロウィーン「ミステリアス・マスカレード」のレポートですw
スポンサーサイト

アルコホリック★ハロウィンナイト @TDS「ディズニー・ハロウィーン」

ハロウィンの仮面舞踏会真っ盛りの夜のディズニーシーに来ました。
P1040522.jpg


現在シーでは、アメリカンウォーターフロントにおいて
ミステリアスマスカレードという祭を開催中。

♪You're invited~♪
♪You're invited~♪
♪You're invited to a masquerade♪

みんなでマスカレードダンスを踊ろう!

みんな?



抽選で招待された人に限りね!

アイ ワズ ノット インバイテッド!

しょぼーん(´・ω・`)

することなくなったので。。。飲むぉ(*´∀`)



 ということで、「テディベアルーズベルトラウンジ」にハローウィンのカクテルを飲みに行きました。
 煙がもくもく出てる真鍮のコップの写真をどっかで見て、飲んでみたかったんだ~。

ナツ:    「あの、なんかハロウィンの煙のカクテルください(・∀・)」
バーテン: 「魔女の釜のカクテルですね!ラムベースのお酒ですが大丈夫ですか?」

 だいじょぶだいじょぶだいじょぶに決まってる。むしろグッジョブ!(←ラム好き)

 で、出てきたのが ↓コレ~! 「ウィッチズ・コルドロン」
P1040530.jpg
 魔女の釜で作られるのは、ラムとライムとコーヒーリキュールとコーラ(炭酸抜け気味?)が混ざったという、なんとも危険なアルコホル(・∀・)
  ・
  ・
  ・
 ラムコークにコーヒーリキュールってどうなの?


 しかしこれが


 ウマ~(*´∀`)


 あとは、オリジナル・モスコミュールとボウモア10年のソーダ割り飲んだよ~。
 オリジナル・モスコミュールはジンジャーエールじゃなくてジンジャービアーでつくったかなり辛口のガツンとしたモスコミュール!
 ボウモアソーダ割りは、メニューにラフロイグがあったから頼んでみたら、アードベッグとかボウモアとかアイラ島のウイスキーを出してくれてどれにする?みたいに聞かれた。私はウイスキーよく分からないけど、シングルモルトけっこうたくさん置いてるのかもね?

 隣の人がステーキ食べてておいしそうだった。(柚子こしょう風味ってメニューに書いてあった。)

 友達が食べてた秋のパフェ。マロンいいねマロン。
P1040535.jpg

 隣の人が撮らせてくれたもうひとつのハロウィンカクテル。
 「ミステリアスムーンライト」 蜘蛛キタ━━(゚∀゚)━━!!
P1040536.jpg

 では。。。

 オンリートゥナイト...
 ハロウィーンの魔法はやがて夜明けの光とともに消えていく、夢のごとく。
 さあ、カミーラ!マスカレードを続けよう!思い出のために!

P1040528.jpg

 いや、続けるというか、むしろ始まってさえいないんですけど。抽選で

 あたしのハロウィンどうなる(;´д⊂)

思い出にのこる あなたの笑顔が。


 あなたは いま どこで なにを していますか?

 この そらの つづく ばしょに いますか?

IMG_0011.jpg

 って思わず心が勝手に「you」を奏でて、孤独と絶望に心が折れそうになる。
 そのくらいきれいだった、夕方6時の空@川崎ラゾーナ\(^o^)/

 このあとユニクロいったんだけど、めちゃめちゃ混んでた。
 さすが売上高6850億円!!!

↓ひぐらしのなく頃に 「YOU」 (このイントロから歌いだしの歌詞のとこが蕩れ~!)

第5回 「ドナウのきらめき」 ブダペスト夜景

<画像をクリックすると大きな写真(1024 x 768)が見れます。是非☆>

    ひとのつくりし歴史が ドナウに光をおとす

P1030342s.jpg


 歴代国王の居城 「ブダ王宮」

 時の王が、自らのスタイルでゴシック、ルネサンス、バロック、ネオバロックと改築する。オスマントルコによる破壊、他国の王ハプスブルグ家の支配、第二次世界大戦、ハンガリー動乱。
 激動の歴史に、崩壊と再建をくりかえした城。


    いまはただ 王も住まわず 祈りにも似た姿で

P1030354s.jpg


 異なる様式が溶け合う 「国会議事堂」

 ハンガリー建築家シュテインドル・イムレが様々な国、時代の建築様式を学ぶ。
 自国の歩みを象徴すべく、クラシック、ゴシック、ルネサンス、バロックと様々な建築様式が混ざり合った建物を建築。


    解け合う心が つくりだす幻のような

P1030346s.jpg


 細かい装飾とハンガリーのエンブレム 「自由橋」

 かつて、ハンガリー人との「妥協(アウスグライヒ)」を実現させ、オーストリア・ハンガリー二重帝国を成立させた皇帝フランツ・ヨーゼフ。
 心から愛していた王妃エリザベート。すれ違う心。放浪にも似た旅をし、自分の差し伸べた手をすり抜けていく妻。
 王妃はハンガリーを愛し、国民もエリザベートを愛した。妻の名前を冠したエリザベート橋。隣に自分の名前を並べたかった。自ら赴き、リベットを打ち込み着工した。橋は、「フランツ・ヨーゼフ橋」と名付けられた。
 しかし、支配者としてハンガリーの民に慕われることなかったフランツヨーゼフ。いつしか「自由橋」と名前が替えられる。


    ただそっと 隣にいたかったんだ

P1030391s.jpg


 そして、「くさり橋」

 1849年11月20日、10年の歳月をかけて建設された「セーチェニのくさり橋」。
 ハプスブルグ家からの独立戦争、ナチスドイツによる世界大戦での町と民の破壊と再建、ソ連によって自由を踏みにじられたハンガリー動乱。そして、1989年。ハンガリー国民は自由を取り返し、国境に引かれた鉄条網は取り去られる。自由化を祝う人々がくさり橋にあふれた。
 歴史を市民と共に歩んだ特別な場所として、市民から格別の愛情を注がれる場所。

    人々は集まり、祝い、集う。

P1030422s.jpg

    いつまでも この煌きが 橋を照らさんことを

    いつまでも 集う人々が 煌き続けんことを

    Love & Peace , Forever.




 ブタペストのハイライト「ドナウ川の夜景クルーズ」は、本当に目の前に「ドナウの真珠」と呼ばれるにふさわしい幻想的な世界が広がる素敵体験でした!
 どこを見ても真珠のきらめきがあふれて、物語の世界に迷い込んだよう(*´∀`)

 ブタペストに旅行する機会があったら、「夜の観光クルーズ」。これは是非お勧めいたします☆
 私たちはパックツアーだったので、専用の小さめの船でのクルーズでしたが、普通に大きな観光クルーズが運行してるので、個人旅行でもぜんぜん体験できるはず。
 手元のるるぶには「ドナウ・レゲンダ」1時間コースってのが書いてあって、4900フォリント(約2500円)で2ドリンクつきだそうです。

 やっぱり特に、橋と王宮を見上げるこの眺めがクルーズならではの素敵アングル(*´∀`)
P1030426s.jpg

 余談だけど、 ここに載せた写真は全部パナのLX-3の夜景モードで撮ったものをトリミングなしのサイズ変更でアップしたものです。
 このカメラの夜景撮影能力ってばかなり優秀じゃない~(・∀・)?

第4回 「ハンガリーの古都。」 ドナウベント地方観光

 ブダペストを出て車で約1時間、かつてのハンガリーの都エステルゴムへ。政治経済の中心がブダペストなら、エステルゴムが宗教の中心で、日本で言えば京都のようなものだよ(・∀・)とのこと。
 うーん、なんかちょっと違うような。。。

 このあたりは<ドナウベント地方>と呼ばれていて、「ドナウの曲がり」って意味なんだって。
P1030299.jpg
 確かに曲がってる(・∀・)
 この橋の向こうはもうスロバキア。この橋は、かつてナチスドイツによって破壊され、2001年にやっと悲願の開通となったらしい。
 ハンガリーはオーストリア、スロバキア、ルーマニア、セルビア、クロアチア、スロベニアと、とても多くの国と国境を接している。海で守られている日本との違いやいかに。

<エステルゴム大聖堂>
 初代国王聖イシュトバーンの誕生の地、エステルゴムに建立されたでっかい大聖堂。
 この緑のドームのところは登れて周りを歩けるらしいんだけれど、柵とかないらしいよ!こえ~!行ってみたかった。
P1030280.jpg
 聖堂の中。天窓が多くて明るいし、大理石いっぱい(・∀・)
P1030288.jpg

 大聖堂を見たあとは、<センテンドレ>という街へ。
 石畳の坂道の小さな街には、ハンガリーのカロチャ村の刺繍のお土産やさん、アクセサリー、民芸品、アートギャラリー、アイスクリーム、カフェ、レストランと小さなお店が細々と並ぶとのんびりした観光の街。
 カラフルな建物がいっぱい(・∀・)
P1030325.jpg
 観光といえば馬車?
 ダンディーなおぢいちゃん萌える(*´∀`)
P1030310.jpg
 屋根が続く街。魔女の宅急便の町みたい!
P1030312.jpg
 ジェラートや発見(・∀・)
P1030323.jpg
 150フォリントって約80円だよ~。安い(*´∀`)←しかも、おいしかった!
P1030321.jpg
 アイスを食べながら歩いていたら、ヌコ(*´∀`)
P1030313.jpg
 強気で向かってきた(((( ;゚Д゚))) 写真は撮る、アイスはやらん(・∀・)

 カフェもたくさん
P1030318.jpg
 町に流れるドナウ川。気持ちがいい!ホント気持ちいい(*´∀`)
P1030319.jpg
 とても楽しい気持ちになる町だった(・∀・)

 ブダペストの人も、車で30分くらいで来れるから、ちょっとお茶しにとかセンテンドレに来るらしい。
 分かるなぁ。私もこんなところが近くにあったら絶対お茶しに来る。
 チャリンコで。←でもこの石畳はチャリンコ相当ダメージくらいそうだなぁ。

 日も暮れて。帰宅?
 バスの中から見えた月。
P1030328.jpg
 この月を、あなたも、どこかで見ているかしら。

 さて、次回はいよいよブダペストのハイライト、ドナウの夜景!!!

番外編 「とりあえず中欧の写真だけ、うp」

 旅行記は当分かかりそうなので、とりあえず中欧旅行の写真だけこちらにアップしてありますので、お暇なときにでも見てくれたらうれしいです(・∀・)



 これは見てやろう(・∀・)という写真があれば、クリックしていただくと「Life-x」という写真公開のページに飛んでいき、さらにその写真をクリックしてもらうと、大きめの写真が見れます。
 めんとくさいねごめん~~~(;´Д`)

 でも、もし気に入ってくれたら「nice!」ボタンをクリックしていただけるとウレシイかも(*´∀`)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ALOHA☆ごあいさつ

ALOHA☆NATSU

Author:ALOHA☆NATSU

ALOHAの心を追い求めて日々瞑想中。。。てか、迷走中。
A akahai(優しさ)
L lokah(調和)
O 'olu'olu(寛大)
H ha'aha'a(謙虚)
A ahonui(忍耐)

 詳しいプロフはALOHA☆NATSUのプロフィールへ。

アロハ萌え☆カテゴリー

RSSフィード

アロハ☆カウンター

ブログ内☆サーチ

ALOHA☆コメント

データ取得中...

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Google自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。