2008-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まほうの、音楽会。」 TDS ディズニーオンクラシック

 「ディズニー・オン・クラシック」って、知ってる?。

 2002年から始まった演奏会で、ディズニーの名曲の数々をフルオーケストラで演奏する大人のための?音楽会なんだけどね。
 ブラッド・ケリー率いる東京フィルのネバーランド・オーケストラが、多彩なゲスト(ベルの声優さんとか)とのコラボレーションによってマジカルに創りあげる音楽会で、今年で7回目。 

 私は2004年の東京国際フォーラム公演に初めて行って、ディズニー音楽の持つ夢と魔法の迫力に至極圧倒されたのを覚えてる。
 だって、いきなり1曲目の「エレクトリカル・パレード」からして、暗闇の中で光る弦を振るわせるオーケストラとかって。。。魔法じゃね!?

 今年2008年のテーマは、『Dream、Dream、Dream~夢よ、響け』。

 2部構成からなる第1部では、ディズニーオンクラシックも東京ディズニーリゾートの25周年をお祝いして、数々のシーンを彩ったパーク音楽を演奏します。(第2部はアラン・メンケンスペシャル)

 そこで!このお祝いとして、東京ディズニーシー「ブロードウェイミュージックシアター」にてこの第1部の特別講演が行われました。

 これは、パークミュージックを愛するイベンター常連としては、外せないでしょw 行ってきました!



dclassic.jpg

=Program=


ドリーム・ゴーズ・オン
~東京ディズニーランド25thアニバーサリー・テーマソング~


東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード
~エディットバージョン~


ディズニー・ファンティリュージョン!
~フェアリー・ガーデン~


パークミュージックメドレー

東京ディズニーランド・イズ・ユア・ランド~カントリーベア・シアター~ホーンテッドマンション~カリブの海賊~魅惑のチキルーム~スプラッシュ・マウンテン~イッツ・ア・スモールワールド~ディズニーシー・アクアスフィア~ストームライダー~ポルト・パラディーゾ~タワー・オブ・テラー~カム・ウィズ・ミー東京ディズニーシーテーマソング~東京ディズニーランド・イズ・ユア・ランド


ブラヴィッシーモ!

Encole
星に願いを
ドリーム・ゴーズ・オン




 うん!これは楽しい!1曲目の25周年テーマでいきなり舞台にはミッキーたちが登場だし、ミニーマウスがなんだかかわいすぎる!

 てか、ディズニー音楽やっぱいいわ~大好きだ!
 ファンティリュージョンとストームライダーが特にイイ曲すぎるってことを改めて確認。興奮で魂が震えるね!大空駆け巡る名曲だね。!!!

 そして、偉大なるディズニーマジックにはサプライズがつきもの!?
 ディズニーオンクラシックのカーテンコールでは、毎年お約束で「星に願いを」の大合唱をするのだけど、これががすごいことに。

 なんと、ミッキーがコンサートマスターに抜擢とか

 して、ブラッドさんがミキにタクトを渡そうとすると、なんともキラキラした音をさせて、マイタクト登場www さすが世界のスーパースター!どんだけ用意周到なんだwww
DSCN0767.jpg 
 星に願いをのバイオリンのソロ演奏を聞きながらとろけるミッキー

↑にとろけるNATSU。

 指揮を放棄してうっとりしてるその可愛らしい姿にメロメロでしたよwww

(↑これは記念品でもらったフィギュア。)

 「星に願いを」のあとは、もういちど「ドリーム・ゴース・オン」の曲に乗せてディズニーの仲間たちが客席にごっちゃり☆
 すぐ横にかわいいアリスが踊ってて楽しかった!握手も出来てうれしかったな
 

 でも、ブロードは、やっぱりフルオーケストラの演奏に耐えうるハコじゃないなぁと思ったsimplemodern6
 7列目の中央ブロックというかなりいい場所にいたのに、びんびん震える生音の迫力が伝わってこなかったような。

スポンサーサイト

レインボー☆ステイツ

 ハワイ旅行から帰国したお友達のかなえさんから届いた、写メは。。。

 見事な虹!!!
20081024223721

 ハワイはたくさん虹が見えて、レインボーステイツって呼ばれてるんだよね。
 ハワイ州の車のナンバープレートにも虹。
 ALOHA STATE☆激しく素敵!!!

 私はまだハワイ滞在中に一滴も雨に降られたことがなく、空にかかる虹を見たことがないのであります。

 アカカの滝で、滝にかかる虹は見ました(*´∀`)

小さなサ店の本格派タルト! @ペリーの庭で(日本大通)

 歴史ある建物が並ぶ横浜の日本大通りの中にあり、そんなに大きくない「横浜開港資料館」。
DSCN071.jpg
 横浜開港資料館は、ペリー来航とその前後の横浜の様子をはじめとした、横浜の歴史に関する資料を収集し一般に公開する施設。
 つたの絡まる資料館の傍らに、そこはひっそり建ってる。

 資料館の喫茶室「ペリーの庭で」
DS07d.png
 20席くらいの小さな喫茶室。清潔感があって、でも暖かな感じがしてすごくいい。
 キッパリと凛とした、でも温かい笑顔の女の人が、1人でお店をしていらっしゃいました。

 季節のタルトとダージリンティー。
DSCN0719.jpg
 紅茶は、ダージリン、アールグレー、アッサムからチョイスするようになってた。

 たっぷりポットで、でも大きすぎもしなくて、ちょうどいい感じが嬉しいです。


 タルトね、すごくおいしかったよ!
DSCN0720.jpg
 写真で伝わるかなぁ?

 とてもしっとりとしていて、しっかりと果実感もある焼きタルト。

 手作りって感じの、素朴でしっかりおいしい味は、かなり好み


 サンドイッチの種類がすごく豊富で、夕飯前だったので食べられなかったのがかなり残念。クロックムッシュ とか絶対食べたい!
 今度絶対にまた来よう、と誓ったNATSUでした。 

ボンボヤージュ。 @大桟橋

 山下公園から大桟橋を見たら、大きな客船が泊まっていました。おぉ。「飛鳥Ⅱ」だよ。
DSCN0725.jpg
 ボーっと眺めていると、汽笛が。 港に別れを告げる響き。 出航です。
DSCN0735.jpg
 ボンボヤージュ。よい旅を。

 山下公園では、新年0:00、新たな年の旅路に向けて一斉に船が汽笛を鳴らします。毎年、私の年明けは汽笛でした。
 最近は某所(ってTDRだよ)でカウントダウンを毎年迎えているのでこの汽笛を聞くチャンスがないのですが、なんか懐かしいなぁ~。

 山下公園から、大桟橋、赤レンガ倉庫と続く遊歩道は眺めもよく、車の往来もないのでとてもお勧め。
 ゆっくり散歩道。みなとみらいが一望できます。
 DSCN0732.jpg
 手前の地域は来年の横浜開港150周年に向けてリニューアル中。
 

覚えてないの?いいえ、知らないの。

 白河の 清きに魚も住みかねて
           もとの濁りの 田沼恋しき

231685.jpg

 秋晴れの真っ青な空を見上げて、イマイチどろどろとむかつく思い。望んでもいない潔癖さに責められているような、拒絶されているような。
 でも待って、昨日は同じ青空(同じ、ではないけれど)を見上げて、とても清清しい気持ちに満たされたはず。空に溶け込む雲の端ほど、爽やかに。

 昨日の自分と今日の自分は同じ人間なのか。それとも与り知らない所でどこかがそっくり入れ替えられたのか。
 怖い怖い。アイデンティティークライシス。

 ま、どうでもいいか。
 てか、空くらいもっと素直に見上げらんないのかね、自分。

 いいえ、知らないの。たぶん私は3人目だと思うから。そんな気分。

秋の、匂い。 @日本大通り

 すっかり秋ですね。

 港横浜にも秋の風。

 風が運ぶ秋の匂い。

 匂い?てか、臭い?

 くっさwww

 銀杏(ぎんなん)キタ ━━━\(゚∀゚)/━━━

 まだ銀杏(いちょう)の葉っぱは青い今日この頃ですが、銀杏(ぎんなん)はしっかりと秋の匂い(臭い)を運んできました(嬉しくないけど)。

2008101.jpg

 港横浜にはとにかく銀杏がたくさん。

 ここは、横浜スタジアムから赤煉瓦に抜ける大通りで、見渡せば横浜を語る建物がごっちゃりです。
 広い歩道?にオープンカフェやベンチがあちらこちらに出ていて、みなさん珈琲片手に思い思いの時間を楽しんでいます。
 銀杏臭いけど平気なのかしら。

 これは通り沿いにある「横浜開港資料館」。
DSCN071.jpg
 すっかり秋です、ね。


 ところで、銀杏(ぎんなん)ってさ~、塩ふって炒ったやつ絶品だよね(*´∀`)!
 ふっくらとした甘みの中に歯ごたえもあって、表面の焦がした苦みと塩が堪らんです。

「♪Be Our Guestみたび☆WDW編。」 ホテルミラコスタ@オチェーアノ

 世界のディズニーを食い尽くす、第三弾。
 って、別に計画してたわけでもないんだけど、あれよあれよと3回目!第1弾でかなり楽しかったディナー「オチェーアノ」(レポはここ)のランチに潜入★
 フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド、「ビクトリア&アルバート」への旅再び!

 昼だったけど、この前衝撃のおいしさだったから、白ワインボトルいった!
 「Sancerre la Grande Cuvee, Pascal Jolivet,2003」(サンクレール・ラ・グランド・キュヴェ パスカル・ジョリヴェ)
 いやこれホント、おいしい。若くないワインの果実感ってこんなにおいしいものなのね!


@マグロのチョリソークラスト ミックスビーンズのサラダ
DSCN0705.jpg
 マグロがあぶってあって、そこにちょリソーのピリ辛とかってアメリカっぽいよね。
 私ね、マグロだけは日本のそのまま食べる調理法?が好きだよ。刺身か、寿司。火を入れたり混ぜたりすると、なんか残念な感じになっちゃうもののひとつ。。。
DSCN0706.jpg
 豆サラダにはアボカドのディップソース。アボカドディップ=ア・メ・リ・カ★大好きだ!1皿目からアメリカ全開だね♪
 でもアボカド味薄かった

@ ロースト・レッドベルペッパーのスープ バニラの香るレッドベルペッパーのコンフィと共に
DSCN0707.jpg
 このスープ、すごくおいしかったよ!ベルペッパーってなんだと思う?日本語だとピーマン。でも、ピーマンの苦味とか全然なくて、甘みと野菜感はしっかり残ってて、そこに香辛料のいい感じが加わってパンチが効いてた。
 パンにもくっつけて一滴残らず完食

@ タスマニア産サーモンのロースト ムール貝とサフランクリームのフォーム添え
DSCN0709.jpg
 肉厚なサーモンは優しい味で、そこにふわふわ淡々のムール貝の泡ソースがかかってて、おいしかったよ。こういう優しい味なのに薄っぺらくなくしっかりしてるのって、プロの技だよね~。

@黒豚テンダーロインのポワレ シェリーベーコンヴィネグレット 豚肉のブレゼとカボチャのラグー
DSCN0711.jpg
 豚ちゃんの二重唱~~~♪ポワレ(高温で焼くこと)に、ブレゼ(スープで蒸し煮のこと)!ヴィネグレットソースはしっかり味で爽やかだし、南瓜のソースも季節感もばっちり。
 ジューシーかつがっつり肉!肉いいよ肉~~~

@ トロピカルフルーツのクレームブリュレ パッションフルーツソルベ
DSCN0713.jpg
 この写真ではまるでソースのように見えるオレンジ地帯が全部フルーツのブリュレなんです!最後にしてすげぇ量だった!さすがアメリカンw
 アメリカらしい、奇をてらわずにフルーツの味をしっかり前面に出したブリュレとソルベでとってもおいしかった!

 というわけで、かなり満足!もちろん栓抜きゲト=★
DSCN0715.jpg

 ホント、あの白ワイン、チャンスあったら飲んでみてね。

冬支度。

終電間際の帰り道、駅の自動販売機。

いつの間に、冬支度なのね。

今年初のつぶコーン。
20081016230305

あたし、コーン残さず食べるのかなりうまいよ。

夜はもう、寒くなって来ましたね?

風邪等ひかぬよう、お気を付けください。

あたし、既にひいてるけど(;´д⊂)

それにしても

つぶコーンうま===(・∀・)

テッズが襲来してた!

 大変たいへ~ん!
 横浜のプラザでテッズのハウピアパイが9/19~10/19で期間限定販売してる!

 このまえたまたまプラザ行ったら売ってた!

20081015013309
 テッズベーカリーはノースショアにあるベーカリーで、ワイキキ周辺でもドンキとかで買えるんだけどね。

20081015013306
 チョコレートとココナッツのハウピア(中華街で食べるココナッツプリンみたいなやつ)

 ホイップクリームたっぷり!

 アメリカのホイップクリームってすごい軽くていくらでもいける!


 見つけて早速買ったけど、この幸せパイがもう1ヶ月も前から売ってたなんてショックだわ!
 絶えず情報チェックしてたはずだったのに、まだまだ青いわ。。。てか、プラザのメルマガ、そういうの載せてほしい(´;ω;)

ぽかーん。。。(・д・) @ブレイブ・ストーリー

ブレイブ ストーリーブレイブ ストーリー (2007/12/07)
 体力は平均。勇気は最低ランク。総合評価は35点。11歳の少年の願いが、大冒険の扉を開く!
 「失敗したら二度と戻っては来れない」――そんな危険を冒してでも、どうしても叶えたい願いがあった。それは、バラバラになってしまった家族を取り戻すこと。自分に降りかかった最悪な運命を変えるために、ありったけの勇気を振り絞って、運命を変える扉の向こうへと踏み出した11歳の少年ワタル。
 しかし、そこから始まる途方もない旅は、ワタルの想像も、覚悟も、たったひとつの願いさえも、はるかに超えるものだった――。

商品詳細を見る


 宮部みゆきのベストセラー小説の映画化。ちなみに原作は未読です。

 つか。。。なんじゃこりゃ
 あまりに雑で薄っぺらいストーリー展開にぽか===ん。
 子供向けだしとか思って作ってるんだったら、、あまりにお子様をなめすぎなんではw今の子供たちもっとスペック高いよ。

 豪華声優(というか、芸能人。)集めて、テレビの30分モノを無理やり伸ばしてみました、みたいな映画だった。
 映像はまぁ好き。やり過ぎない空気感みたいなものがあってよかった。

 ワタルの幸せだったはずの家庭生活はある日突然破綻。お父さんは別の女の人と浮気して家を出るわ、お母さんは原因不明?(ガスが漏れてたみたいだけど自殺未遂?)で倒れて意識不明。
 自分の運命を嘆いたワタルは、なぞの転校生「ミツル」から教わった運命を変える扉を開き、家族を元通りにしようと「幻界(ヴィジョン)」の世界へ旅立つ。

 幻界(ヴィジョン)では、外界から来た旅人は「宝玉」をいくつだっけ?揃えると願いが叶うらしい。ドラゴンボールかよw

 で、なんか紆余曲折も何もないままに、ミスチルもどきが1曲歌ってる間にどんどん成長するwww(←「ライオン・キング」見た人なら、ハクナ・マタタの歌の間にシンバが大きくなっちゃうあれもどきですw)
 主人公の成長がメインテーマなら(なんだよね?)、こういうとこをちゃんと書けばいいのにさ。
 ハクナマタタのシーンは、シンバは体が大きくなるだけで精神的に成長してないからあれで全く問題ないわけだけど、この映画は、その「ミスチルもどき」期間が一番重要だったのでは!?
 あれじゃ、最後自分の願いをかなえずにヴィジョンを救うって選択までワタルが成長したことがまったくわかんない。ネバーエンディングストーリーのパロディー?

 と、色々めちゃくちゃだけど、ラストのエピローグもやばすぎ。
 自分の運命を受け入れたはずのワタルですが、母親はなぜか復活して元通りだし(父親はいないみたいだけど)。願いが叶わなくて死んだはずのミツルが妹と謎の復活だし、全部願い叶ってるじゃねーか!

 人魚姫が王子と結婚しちゃうディズニーの世界で生きてるNATSUもさすがにびっくりでした!

「うはぁ!これは気になる(≧▽≦)ノ」 ビックアイランドキャンディーズ

 ハワイでもらえるフリーペーパー「aloha-street」のweb(http://www.aloha-street.com/)を見ていたら発見。

Read More »

ノスタルジア・アメリカンレモネード @馬車道十番館喫茶(馬車道)

 今日は馬車道でぽっかりと夕方に時間が空いたので、久しぶり(3年ぶりくらい?)に横浜馬車道十番館の喫茶室を訪れた。
 馬車道十番館は、1階が喫茶室、2階がバー、3階がフレンチレストランになっています。

Image189ed.jpg
 ここは、赤煉瓦づくりの建物に古きよき横浜の雰囲気漂う、気持ちのいい空間。

 色ガラスを通す光の暖かさと赤くてかわいいレトロな椅子。ガス灯印のコースター。



 

20081008183311
 私はここのアメリカンレモネードが好き

 まったりと甘いポートワイン(てか、赤玉?)の絡む異国情緒の味☆

 すごい久しぶりだったけど、あぁ横浜だなぁ~と思う。


 しか~し!!!今回落胆が止まらない。
 給仕の接客がだらしなさすぎる。前はこんなじゃなかったよね?

 まず、レモネード持ってきた蝶タイの黒服(中年男性)。
 大体にして着方もパリッとしてなかったけど、接客レベルはマック以下。

 品物持って来るときに、「お待たせしました」の一言が何故言えない?
 品物置く時に、「レモネードです。」の一言が何故言えない?伝票置く時に「全てお揃いですか?」とか「こちら伝票です。」が何故言えない?
 去るときに、「失礼します」の一言が何故言えない?
 何も言えないならせめて立ち去るときに黙礼くらいすれば?

 女性店員(中年女性)が他のテーブル給仕するのも見てたけれど、言葉遣い、態度、全てにおいてだらしない。
 というか、丁寧に愛情を持とうと言う態度が全く感じられない。

 横浜の看板しょった老舗ということを全く考えてないあの接客。
 終わったな、馬車道十番館。喫茶室でああいう接客してると、なかなか上の階に登ろうと言う気にならないよ?

 絶対前に来たときはもっと丁寧な接客だったはず。
 好きなお店だけに、改善されると言いのだけど。もう一度来たときにこの接客だったら、もう店自体に行く気がなくなるだろうな。

 レトロな店の造りとレモネードの味はしっかりと昔の愛情を残したままだったので、余計にがっかり。
 お勧めしたいけど、とてもお勧めできません。ジレンマ。☆なし。

馬車道十番館喫茶室
http://www.yokohama-jyubankan.co.jp/basyamichi/
横浜市中区常盤町5-67 TEL045-651-2621(代)
喫茶・売店/10:00AM~10:00PM 

マック音イカス(・∀・)

 私は職場には知らぬ者がいないマックジャンキーなんだけど、マックといえばクーポンだよね?

 今までは折り込みかPCからプリントアウトしてクーポン出してたんだけど、携帯のアプリクーポンをダウンロードして使ってみた。

 携帯を機械にかざすと。。。

♪パパッパッパッパ~☆

って I'm lovin' it の前の音楽流れた。テンションあがった


↑読んで脳内に音楽流れてきたひとナカーマwww

20081007224104

 とりあえずマックポテトはネ申。

そして、「いつかまた、会おうの。」と。 @おくりびと

<注意:この記事は、現在公開中の映画「おくりびと」のネタバレを含むかな?>

 今日、ひょんなことから映画に連れられて行った。母が知人に薦められたらしく、私は映画館に行くまで何の映画か知らなかったんだけどw、「おくりびと」という映画だった。

「おくりびと」 予告編

<公式HPより、「おくりびと」物語>

納棺師---それは、悲しいはずのお別れを、優しい愛情で満たしてくれるひと。

 年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!
 「あぁこの広告、誤植だな。"旅のお手伝い"ではなくて、安らかな"旅立ちのお手伝い"。」
――求人広告を手にNKエージェントを訪れた主人公・大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山努)から思いもよらない業務内容を告げられる。それは【納棺(のうかん)】、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香(広末涼子)には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師(のうかんし)の見習いとして働き出す大悟。
 美人だと思ったらニューハーフだった青年、幼い娘を残して亡くなった母親、沢山のキスマークで送り出される大往生のおじいちゃん・・・そこには、さまざまな境遇のお別れが待っていた!



 本木雅弘演じる主人公が、遺体を棺に納める"納棺師"として人々の死に係わる映画。本木や山崎努などの絶妙の演技と、久石譲の感慨深いチェロ音楽が奏でる物語は、時としてユーモアあり、時として感動あり。

 最後の別れという舞台を中心に、人が人を思う気持ち、というのが丁寧に優しくキッパリと描いてあった。

 笑えて、そして、泣けた。
 なんか、この映画で泣く私は、まだ大丈夫だと思った。うすぼんやり。

 見に行ってよかった。 みんなにも、一度見てほしいな。


 でもさ、静かな別れの涙で曇る映画のエンドクレジットが終わって映画館の照明が戻ったとたん、間髪いれずに流れてきたのは。。。

 ♪ぽ~にょぽ~にょぽにょ魚のこwww

 やるなムービックス本牧映画館www一番笑えて、ずっこけたw あぁ、愛すべき世の中。まだもうちょっと、おくられびとになるのは先にしとこうかねw

眩暈。

 やっぱりつまらなかったんだよね。

 とか思いながら何がつまらなかったのか考えてみると、つまらないのはつまらなかったと思ったものなのか、つまらないと思った自分なのか、そういうことがよくわからなくなってくる。

 同じ↑で面白いと感激できる人がいるという輝かしさと羨ましさに、眩暈と頭痛が止まらなくなる。そっち側に行きたいような、絶対行きたくないような。

「♪Be Our Guest再び☆香港編。」 ホテルミラコスタ@シルクロードガーデン

 世界のディズニーを食い尽くす第二弾。
 今度は香港ディズニーランドのトニー・リョンシェフのメニューを食べに「シルクロードガーデン」に参上だze。
 香港ディズニーランドはNATSU未開の地。ゴールデン・ミッキーはかなり惹かれるものの、欧米大好きNATSUとしては当分行くチャンスなさそうだなぁ。

 ランチなのでおとなしくビール。

@車海老と絹ごし豆腐のサラダ ハーブドレッシング
DSCN0622.jpg
 豆腐がミッキーよ  車海老ってやっぱうまいよね。

@ホウレン草と鶏肉のスープ 卵白茶碗蒸しと小籠包添え
DSCN0625.jpg
 これ、最初着たとき絶叫したよ。「これ、なんて青汁!?」  お店の人に、「いやwwwほうれん草ですwww」笑われた。
 しかしこれ、かなりうまかった。青汁(ほうれん草)の下に卵白の茶碗蒸しが敷き詰めてあって、その茶碗蒸しのほわっと感と青汁スープのまったり感が、うまっ

@ 鯛の唐揚げとライチーの黒酢ソース
DSCN0627.jpg
 白身魚のお酢のあんかけの予想通りの味。あんかけ好きだからおいしかったけどね。でもまぁ、フツー。
 近所の中華街のお魚とあんかけのほうがダイナミック(魚が肉厚でがっつり揚がってる)で好きかな。ちょっと衣とか餡でしなってる、上品といえば上品。
 ライチは危険って噂だったけど、思ったより普通だった。

@牛フィレ肉とアスパラガスのXO醤炒め
DSCN0629.jpg
 パリパリのタコサラダの器みたいのに乗ってきて、見た目楽しいね。
 肉もアスパラも大好き(・∀・)

@蟹肉とゴールデンパイナップルの炒飯
DSCN0630.jpg
 蟹もパイナップルも上品すぎて味薄かった。あたしもっと安っぽくていいから具ががっつり入ってるほうがいいなw

@さつま芋と南瓜のキンモクセイシロップ似、柿のゼリー
DSCN0632.jpg
 ここにもミッキーシェイプ
 味ね~、忘れちゃったOrz(←食う価値なし)

 夢を開く鍵、というより栓を開く鍵。(これ、栓抜きなんだって。)
DSCN0634.jpg
 栓ぬいてみたツワモノ体験談キボ=ン

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ALOHA☆ごあいさつ

ALOHA☆NATSU

Author:ALOHA☆NATSU

ALOHAの心を追い求めて日々瞑想中。。。てか、迷走中。
A akahai(優しさ)
L lokah(調和)
O 'olu'olu(寛大)
H ha'aha'a(謙虚)
A ahonui(忍耐)

 詳しいプロフはALOHA☆NATSUのプロフィールへ。

アロハ萌え☆カテゴリー

RSSフィード

アロハ☆カウンター

ブログ内☆サーチ

ALOHA☆コメント

データ取得中...

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Google自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。